第4の迷路 ~貢献したいゾーン~ 15回目

20151125013401

M:
‘あいうえお’という母音は、宇宙の響きなの。
それを発することで宇宙と同調できるのよ。

特に‘あ’は宇宙の始まりの言葉で、そこから宇宙が展開していったから、
その一音に全てが包み込まれているのよ。

それに‘あ’は身体と心をリラックスさせる力もあるから、
緊張してきたら、‘あ~~~’って長くため息を吐けば、緊張はほぐれるわよ。

A:
僕の場合は同じ‘あ’でも、失敗した時の‘あーーーーっ!!!’が多いんですけど。
つまり、英語で言うところの‘オ―マイガッ!’なんですけど。

M;
黙ってるよりはマシね。
声を出すことでショックを和らげているのよ。

あなたは失敗から学ぶ人生を設定しているみたいだけど、
エジソンもダイソンも、電球や掃除機ができるまで、
何百回と失敗してるから、くさる必要はないわ。

それに、失敗するたびに、宇宙と‘あ’音で繋がれるんだから、
少しずつ進化してるんじゃないの。
でも‘オ―マイガッ!’は子音で終わるから、やめといた方がいいわね。

神様だって、失敗するたびに自分の名前が呼ばれるのはいい気がしないだろうし。
全部の音が母音で終わる日本語は、本当に素晴らしい言語なのよ。

浅子さんはそれにもっと気づいて活用する必要があるわね。
アマテラスさまはどう関わられるかしらね。

~浅子の寝室~

浅子:
アマテラスさま、今日も様々な出会いや出来事と共に、
無事に1日を終えることができました。
私をお守りいただきありがとうございました。
今日1日に注がれた光と助力に感謝いたします。

眠りの中で体力を回復し、心と身体を癒すことができますように、
私に安らかな眠りをお与えください。

そして、私がもっと成長し、貢献できるために、知っておくことがあれば、
夢の中でお知らせください。よろしくお願いします。

(ベッドの横にあるテーブルに紙とペンを置いて眠りに就く。
夢の中で大きな光の柱が現れる。
その柱を、女神のイザナミノミコトが左に周り、男神のイザナギノミコトが続いて右に周る。
お互いが出会ったところで、先にイザナミノミコトが声をかける)

イザナミ:
素敵な男性に巡り合えて、とても嬉しいわ。

イザナギ:
私も嬉しいよ、美しい乙女よ。

(二人が柱の周りを回りながら、子供を作る。しかしその子供はぐにゃぐにゃとして足が立たなかったので、もう一度順番を変えてやり直す)

イザナギ:
(柱を左に周り)ああなんて素晴らしいことだ。美しい乙女に出会った。

イザナミ:
(柱を右に周り)なんて嬉しいことかしら、素敵な男性に出会ったわ。

イザナギ:
あかはなま いきひにみうく ふぬむえけ へねめおこほの

イザナミ:
もとろそよ をてれせゑつる すゆんちり しいたらさやわ

(浅子の身体の上に見たこともない文字が振って来る。一文字ずつ光り輝いている)

浅子:
わあ、きれい。
初めて見た文字だけど、知っている気がするわ。
日本の古代文字に違いないわ。
どれもが振動して光っている。
文字が楽しげに踊っているわ。

48文字が私の身体に入って来る。
なんて気持ちがいい波動なの。
細胞が新しくなっていくみたい・・・。

(続きは明日へ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加