第4の迷路 ~貢献したいゾーン~ 16回目

20151125013413

あ、私のお腹が光り輝いている!かぐや姫に出てくる竹のようだわ。
もしかして、赤ちゃん?!先ほどの神様も柱を回りながら一つになっていたわ。
ついに、授かったのね!

(あかはなま~しいたらさやわの48音が響き渡る。浅子、目が覚める)

浅子:
(すぐにメモにその48音を書きとめながら)
アマテラスさま、これを知る必要があったのですね。ありがとうございます。
そして、私、もしかして、妊娠しているのでしょうか・・・。
それならとても嬉しいです!

(アマテラスが横でニコニコ笑っている)

~音也の農園にて~

浅子:
音也~~!!嬉しい報告があるの!

音也:
どうしたの、今まで見た中で一番嬉しそうだよ。

浅子:当ててみて!

音也:
・・・もしかして・・・赤ちゃん?!

浅子:
そうよ!あたり!!さすが音也ね。

音也:
わあ、すごいよ浅子!よくやった!

(浅子を抱きしめて)

浅子、ありがとう。
こんな嬉しいことはないよ。
今どのくらいなの?

浅子:
妊娠7週目に入ったところだって。

音也:
そうか、身体大事にしないと。
踊りは控えた方がいいね。

浅子:
ええ、安定期に入るまではね。
ダンスセラピーだけ続けるつもり。
夢の中でアマテラス様にすごいヒントをいただいたの!
早くそれを試したいわ。

音也:
ダンスセラピー、あれからすごく評判で、どんどん参加者が増えて行ってるからね。
ねえ、ちょっと待ってて。

(野に咲いているマーガレットを摘んで来る)

(花束を差し出し)・・浅子、俺と結婚してください。
君と子供を200%の力で守るよ。約束する。

浅子:
(花束を受け取って)わあ、嬉しい!ありがとう、音也。
私もこれまで以上に音也と子供に愛を注いでいきます。
これからもずっとよろしくお願いします。

(二人抱きあってキスをする。そのあと音也が浅子のお腹に手を当てる)

音也:
ここに、俺たちの赤ちゃんがいるんだね。
神様、生命をありがとう!
赤ちゃん、俺たちのところに来てくれて、ありがとう!

(天空でスサノオノミコトとアマテラスとイザナギ、イザナミのお祝いの乱舞が始まる。
それが龍と鳳凰の形の雲となって空に現れる)

浅子:
わあ、空を見て。すごい雲だわ!
きっと私達の守護神たちがおめでとうって言ってくださっているのよ!

守護神様、ありがとうございます!皆さんのご助力のおかげです!
お礼に、先日夢で見た古代文字の48音を、感謝をこめて踊らせていただきます。
音也、ちょっとウクレレでメロディーをつけてみて。

(浅子がまず48音を音を伸ばして歌う。
そのあと音也が即興で音をつけ、それに合わせて浅子が48音を歌いながら踊る。
天からも地からも光が差し込み、光の柱ができる)

音也:
なんかこれ、すごくない?鳥肌ものだよ。
俺の農地も野菜たちも喜んでいるようだ。

浅子:
私の身体も心も喜んでいるのがわかるわ。
言葉一つ一つが身体の隅々に光の水のように浸透して、栄養を運んでくれているみたい。
すごく身体が軽くなって、すっきりしたわ。
これならつわりも乗り越えられそう。
この48音は、アマテラスさまのお父様とお母様が作られた歌で、
‘あわのうた’というものですって。

(続きは明日へ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加