第4の迷路 ~貢献したいゾーン~ 17回目

20151125013439

音也:
へえ、神様が作詞したの?それはすごい歌だね。
俺はそれに曲をつけたんだね、光栄だなあ。
浅子もすごく神々しかったよ。
これ、次のダンスセラピーでぜひやってみよう。

(天空で、イザナギとイザナミが抱き合って喜んでいる)

~病院のダンスセラピーの部屋で~

浅子:
今日は特別な歌をご紹介します。
それを一緒に唄いながら、皆さんの神様に繋がるセラピーをしてみようと思います。

私達は日ごろ目の前の雑事に追われて、
なかなか目に見えない神様の次元に思いを馳せることが難しいですよね。

でも、皆さんお一人お一人に専属の神様がちゃんといらして、
皆さんを陰ながらサポートしたり、導いてくれていると考えてみてはどうでしょう。

その方が人生楽しくないですか。
今日はそれを体感できる、魔法の歌をご紹介します。

イザナギ、イザナミの神様が作られた、‘あわのうた’というものです。
ではさっそく‘あ’から‘わ’までの48音を一緒に発声していきましょう。

(参加者全員が48音を発声していく。徐々にみんなの顔が上気してくる)

参加者A:
これだけで汗ばんで、身体がとても熱くなって来ました。

参加者B:
一音ずつ長く発声すると、呼吸が深くなって、自然と腹式呼吸ができています。

音也:
この48音に、楽しく踊れる曲をつけてみましたので、ちょっと聴いてみてください。

(ウクレレで音也自身が唄う)

参加者C:
すごく楽しく覚えやすい曲ですね。子供が喜びそうです。

音也:
この曲に合わせて、浅子が今からフラで踊ります。

浅子:
この48音は、ヲシテ文字という古代文字で書かれているのですが、
その文字を見ていると、踊っているみたいだったので、それにヒントを得て、振り付けを考えました。

(音也のウクレレで、浅子が唄いながら踊る)

参加者全員:
(拍手)素晴らしい!

浅子:
ありがとうございます。では、今度は皆さんの番です。
いつものように、人のことは気にせず、内側に集中して、
音楽に身を委ねて、身体が自然に動くに任せてみてください。
口角を上げて、にこやかに踊ってくださいね。

(浅子の歌と音也のウクレレでみんなが踊り出す)

参加者D:
踊れば踊るほど身体中に力がみなぎってきます。
もう年だと思っていたけど、もっと頑張れる気がしてきました。

参加者E:
わけもなく嬉しくなってきて、笑いがこぼれます。
今までウジウジ悩んでいたことが、どうでも良くなって来ました。

参加者F:
俺も、会社でいじめてきた奴に、どうやって復讐しようかと考えていたのに、
踊っていたらなんだかバカバカしくなってきました。

浅子:
みなさんの身体も心もとても喜んでいるのが良くわかります。
どんどん光り輝いて来ています。まぶしいくらいです。

では、いよいよ、自分の守護神と繋がるダンスをします。
まず、自分の身体から頭を無くすイメージをしてください。

そしてハートの扉を全開にして、そこに自分の守護神を呼びだしてください。
守護神は天上の世界にいらっしゃって私達を見守ってくださっていますが、
お呼びすると、上から降りて来られるのでなく、ハートの奥の扉から入って来られるのです。
だから、頭を無にして、ハートに集中するのです。

(続きは明日へ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加